体外受精や全身受精などについて実践をした

細胞などについて探究をしました。体外に出された卵と精子によって受け取る受精を体外受精と効く、海中に済む多くの生き物がこれを行います。一方、精子がメスの体内に送り込まれ、卵と逢う受精を体外受精といいます。二度と、受精卵が体外に出される場合とメスの体内に居座る場合とがあります。精子がゼリー域に着くと、精子頭部の尖端身体が破れて本質が発光され、さらに突起が卵の細胞膜へと伸びていきます。これを尖端身体マッチといいます。その結果、精子の細胞膜と卵の細胞膜は融合し、精子の根幹(精根幹)は卵の中に送り込まれます。ウニの体制、卵の表層が精子の進入によって変化し、受精膜が形成されると後の精子は進入できなくなります。卵の中で卵の根幹(卵根幹)と精根幹が融合して受精は完了し、受精卵(2n)ができます。精子が進入すると、卵表層から受精膜がもち上がり卵全身が包まれます。卵内に入った精根幹は融合して、受精卵の根幹となります。勉強になりました。http://www.adslemon.net/