懐かしくて、幾らかやり切れないお弁当の土産

お弁当といえば、最近はめっぽう楽しくてかわいい先入観ですね。書店には性分弁の作り方の正規が並んでいるし、売り物屋くんに行けば素晴らしいお弁当箱がいくつもおいてあります。これだったら、探るときも摂るときも楽しめますね。でも自分がお弁当を食べていた40年前はこうではありませんでした。冷凍食品もチルドもなかったですから、たいていは夕飯の残り物。見た目も鋭くなくて、奴に残せるようなお弁当じゃなかったですね。今でも覚えているのは、中華まんじゅうが2つだけ入っていたお弁当。ママが寝坊したときのおろそか弁当だ。それとはうって変わって、やたらと豪華な太陽もありました。それは親せきのウェディングの翌日のお弁当。持ち帰った披露宴の食事がありのまま入っていました。でもいくらなんでも鶴のかたちをしたまんじゅうまで加えることはないと思うのですが、ケーキという要所だったのでしょうね。すぐさま開けたら、ご飯だけということもありました。まさかと思って、お箸で掘ってみましたが、何もありません。家に帰ってママに聞いたら、缶詰を持たそうと思ったけど忘れたということでした。こんなお気に入り、置き忘れるなよ。ベルタ酵素ドリンク 市販