最近のブームは私に嫌なことをして来た人のツイッターなどを見ることです。
大嫌いだからもう二度と見ない!と思ったのですが、やっぱり人に嫌なことをして来た人は自分に返って来るのか、今かなり狂っているような状態で見ていて面白いです。
人の不幸を面白がるというのはあまり良くないことではありますが、私の悪口を言ったりしていたのですから狂っておかしくなっていく相手を見ているのは楽しいです。
変なお笑い番組よりもよっぽど笑えます。
メンヘラ芸でもやってるのかな?というくらい、自撮り付きで「私、壊れていく」のようなことを書いていてよく自分でそんなこと書いてて恥ずかしいなと思いました。
他にもここでは書けないような恥ずかしいことを自らアピールしたり、本当に見ていて恥ずかしいです。
構ってちゃんのくせしてコメントくれている人に返事も書いていないみたいですし、本当に偉そうです。
明日はどんなネガティブツイートを垂れ流すのか楽しみです。
一時期は鍵アカウントにしていましたが、鍵を開いたのは構ってちゃんだから人との繋がりが欲しくて開いている状態なのでしょうね。https://ownwords.org/

星座や血液型とかで相性とかを占ってくれるサイトとか本とがあるかと思いますが、ああいったのって気になってしまうのでついつい試してしまうのであります。個人的に占いは信じるほうであり、運勢が良い場合は嬉しいけど悪い方向で出ている場合は意識してしまうことがあります。それはもちろん星座や血液型の相性占いとかもそうですけど、気になる人との相性とか結婚後や交際した時の運勢とかも気になるのでついつい調べたりしてしまうのであります。片思いしている方が一人おりますが、占いでは近い将来二人は結ばれると言われていて、相手から行動に出てくるという暗示も出ているようですが、今はそういったことがなかったりするので、いつなのか気にしてしまうものであります。

占いでいってることがたまにあてはまっていることとかがあったりするため、これから信じてみようかなと思っているところであります。片思いが両思いになるように今後も頑張ります。

私の弟は私の紹介で友人の社長の所の会社に入りました。
弟が言うには給料は少ない様子です。面接の時に実際に一緒にいましたが、週に5.6日働いて手取りは17万円程だと言うのです。
それでも、特に何か出来る訳でもなく、資格もない弟雇ってくれたのですからいい待遇だと思っています。
しかも、弟は実家で生活しています。今の給料だと生活費を家に負担出来ないと言い、以前母親にしていた借金30万円と毎月5000円ずつ返しているだけみたいです。
私は18歳で一人暮らしを始め、働き始めました。それこそ何も資格なく仕事をし、週に6日働いて手取りは14万円でした。田舎におり、友達もおらず、彼氏もいたので結構お金を貯める事が出来ました。
外食は会社の上司が連れていってくれて、毎回おごってくれました。
ボーナスは無く、手取り14〜16万円、家賃3万円で年間100万円貯めて、実家に年末年始帰宅していたので、何を食べているのかと両親は心配していました。単純に計算して月づき家賃を除いて生活費として6万円程あります。
食費と光熱費を払っても私としては十分でした。
服等の好きな物は年末年始の帰省した時にだけ買い物に行きました。
きっと普通に貧乏だったと思いますが、不自由を感じる事なく3年半過ごしました。これ位の給料でも、独身なら貯金出来ない事はないと思っています。
弟にも目覚めてもらい、母親の心配を拭って欲しいと思います。

貸金業務というのはそれなりにメリットがある仕事であり、昔から儲かると言われているものではありました。しかしかなり昔にはとてもよろしくないという状況があったりしてなかなか難しいことではあるのですが今ではかなり金利が下がっているという側面も否定できない理由で儲けることができるのかといえば、やや厳しいことになっているのは確かです。特に総量規制というのができたりあるいはグレーゾーン金利というのが明確になってしまったということがあり貸金業界というのはかなり厳しい状況に陥られているというのは間違いないでしょう。だからこそ、しっかりとした計画的な貸付ということが必要になってきており統計的に問題ない人であるのかどうかということをかなり明確に理解してやらなければならないという難しい業務になりつつあるというのは間違いないでしょう。しかし、やはり金融というのは人気がある業界でもありますし、需要がありますからなくなることはないです。https://www.mwangole.net/items/

先日、二時間弱に及ぶ記者会見に臨み、引退を発表した小室哲哉さん。昔、小室さん全盛期の際には私も夢中で楽曲を聞いていました。どこに行っても、小室ミュージックが流れ、小室さんの楽曲制作を分析したりとある意味、社会現象にまでなっていました。全盛期には「才能がある人ってスゴイ!」と老若男女問わず、尊敬のまなざしだったと思います。近年の小室さんは、全盛期の風貌とは違い、「太った」「老けた」という印象があります。最近の写真週刊誌にすっぱ抜かれた写真を見て、体も太ったなという印象を受けました。小室さんと言えば、曲の売買譲渡に関する詐欺疑惑の際も「才能が枯れてしまった」などと言われました。先日の会見を少し見たのですが、「小室さんはもう限界なんだ」と私は感じました。才能も気力も全て枯れ果ててしまったのだと。芸能人、有名人、一般の人でも多額な借金、壁というものを受けて滅入ってしまうことってあります。誰にでも、あることだと思います。そんなに順風満帆な人生があることはないと思います。しかし、乗り越えられる人、潰れる人の違いってよく分かる気がします。小室さんは落ちた人になってしまいますが、上がった人の典型は矢沢永吉さん。多額どころではなく、巨額な借金を背負い、一時は酒をあおり「もう矢沢は終わった」と自暴自棄の時間を過ごしたようです。しかし、奥様の「矢沢だから、できるんじゃない?」という一言で一念発起。ライブ活動を精力的にこなし、借金を何と完済!常人なら潰れて当然のことを乗り越えたパワーはリスペクトものです。まさに男の中の男で、ファンが多い事にも納得がいきます。小室さんと矢沢さんの違い。容姿もオーラも全てが真逆と言うことに私は気づきました。同じ男として生きる以上、矢沢さんのような常に前向きに向かっていく姿を手本にしていきたいと感じました。http://thecw.co/datsumolabo-tenpo/entry6.html

最近は夜と朝に猫が部屋に来ることは少なくてゆっくり寝起きができていたのですが、昨夜は猫たちが次々と部屋に来てうるさくて大変でした。
私の部屋の窓から屋根の上に出て鳴いたりしており、真っ暗なので屋根から落ちてしまわないか、あるいはちゃんと窓に戻れるのだろうかと心配にさせられます。
私が洗面所に歯磨きしに行くと猫たちは3匹揃っていたのでほっとし、部屋に戻ったら戸をきっちり閉めて安心して寝ることにしました。
しかし、一番大きな猫がその戸を開けてしまいまた屋根の上に出てしまいます。
これはもうどうにもできないなと思い、そのままにして寝ました。
そして今日の朝ですが、また猫たちの鳴き声で目覚め、屋根の上に出て行く気配や鳴き声を聞きます。
当然両親らもそのことを知っているので何を言われるのかと思いながらキッチンに行ったのですが、もう慣れっこなのか特に言及されませんでした。
なのでコーヒーを淹れていつも通り自室で仕事をします。
そうしていると妹が玄関で猫たちを外に出さずに外に出ようと苦闘する声が聞こえたので父と一緒にそれを助けに行きました。キレイモ 学割 月額制

最近、趣味の一つとして、私は「写仏」を始めました。写経は、般若心経などのお経を書き写すもので、お寺で体験できる所も多く有名ですし、私も以前から自宅で心を落ち着けたい時などにいつもやっていましたが、写仏については、そういうものがある事すら私は全く知りませんでした。
そんな中、いつも観ている情報番組の中のアナウンサーとタレントの2人連れが色々なお寺や名所を歩いて回り、様々な修行をするというコーナーの中で、「絵写経」の修行をしているのを観ました。絵写経は、1枚の紙に、写経と写仏の両方合わせたものを書き写す様でしたが、私は知らなかった写仏に興味を持ちました。
後日、ネットで色々調べて、初心者向けの「心を調えるはじめての写仏〜なぞり描き」という本を購入しました。仏像に関する基礎知識や、写仏のやり方や意味などの解説が載っており、その後に既にお手本の如来像や菩薩像の絵が沢山入っているので、それをコピーしたりして、上からなぞって描くだけでした。
私は、わりと細かい作業が得意な方なので、綺麗に描けたら色を塗ってもいいなぁ〜と簡単に思っていましたが、実際にやり始めると、そんなに簡単ではないという事がわかりました。お手本の線の上をただなぞるだけなのに、予想以上に難しく、はみ出してしまったり曲がってしまったりするのです。
友人に話すと、冗談交じりに「心が曲がっているからだ」と言われ、一緒に笑っていましたが、その友人のいう事もあながち間違いとは言えないな…と思うのです。上手く描こうとすればするほど、はみ出してしまうような気もします。もっと上手く描こうという欲を捨て、集中力を高めて無心にならないといけないのかもしれません。まだ始めたばかりですが、なかなか奥の深い手習いだと感じています。
それにしても、お手本をあちこちはみ出している自分の描いた線を見ると、私ってそんなに煩悩だらけなのかなぁ…と苦笑いしてしまいます。

皆さんこんにちは。
いかがお過ごしですか。

とても暖かくて過ごしやすい陽気が続いています。
ポカポカしていて、いい気持ちだったので思わず買い物に出かけてきてしまいました。
ショッピングをしていると、すっかり春物が前面に出てきていて、冬物はもうセールでも残り少なくなってきています。

春なのですね。

そんな矢先にかわいいワンピース発見!

でもかわいいからといってすべてが自分に似合うと限りません。

試着してみたのですがイマイチ自分にはテストがあっていないような気がして、諦めました。
でもでも、とっても可愛いワンピース。

泣く泣くその場を離れ、自分に似合う物を探しました。

一昨年あたりからガウンタイプのワンピースが大流行していますよね。
すっかり大人である私は、学生が着るようなデザインでは似合いません。

探しに探してようやく気に入るものを一着見つけました。
色も濃すぎず、柄も主張しすぎず言い感じです。

淡いグレーやベージュが大人色。
無難ですが落ち着きます。

今年はこれを着て楽しむことにしますね。
では。

連日の寒さに体調を崩しそうです。
暖房もいいですが、こういう寒さの時はやはり飲み物で体の内側から温まるのも大切。
私はよくホットレモネードを作って飲んでいます。
輪切りにして冷凍保存してあるレモンと、ハチミツをマグカップに入れて、お湯を注いで混ぜるだけ。
簡単で美味しいです。
さらにレモンのビタミンCとかハチミツの成分で、風邪予防にも。
まさに一石二鳥です。
ちなみに、日本産のレモンは秋から冬にかけてが旬だったりします。
海外産のレモンは防カビ剤が使われているので、できれば国産レモンを使いたいですよね。
冬は比較的スーパーなどでも日本産レモンが手に入りやすいので、まさにレモネードにはうってつけなんです。
でも旬は短いので、売っているうちにたくさん買ってきて、輪切りで冷凍保存しておいたほうがいいです。
うっかりしているといつの間にか店頭から姿を消してしまいますのでw
冷凍保存すれば1ヶ月ぐらいはもつので、春先までホットレモネードを楽しむことができますよ。

アメリカのドラマ『キャッスル』をアマゾンプライムビデオで見始めた。
アマゾンプライムには前から『高い城の男』ってドラマがあって、キャッスル=城だから、それ関係のドラマかと思いきや、全くもって違った。
城は全く関係ない。
キャッスルは人の名前だった。
アメリカ、ニューヨークに住むキャッスルという名前のミステリー作家が、ニューヨーク市警の女刑事(半ば強引に)コンビを組んで、様々な事件を解決するサスペンスドラマだった。
同じくアメリカのサスペンスドラマの「クリミナルマインド」を見慣れていると、だいぶ緩く感じるけど、何も考えずに軽く見られるのは良い。
過度に胸糞悪くなる事件とか、グロ過ぎる事件もないし。
キャッスルと娘の関係が良好なのが、見てて安心する。
アメリカのドラマだとティーンの娘と父親って、不仲なことが多いから。
結構人気のドラマだったのか、シーズン数が多いけど、完走できるかな?
途中で飽きずに見られたら良いな。授乳中 酵素ドリンク